教育資金専用口座「まなびの絆」

教育資金であれば、1,500万円まで贈与税が非課税です。

祖父母世代からお孫さんなどへ教育費の援助ができる金融商品です。

  • 店舗検索
  • 商品特徴
  • 商品概要
  • 申込方法
  • 教育資金専用口座「まなびの絆」

  • 特徴1

    教育資金が1,500万円まで非課税で贈与できます。 お孫さま等が祖父母さま等より教育資金として贈与された資金を、お孫さま等名義の金融機関の口座にお預入した場合、実際に教育資金として支払われた資金(最大1,500万円まで)が非課税となります。
    ※教育資金として使われなかった資金は贈与税の対象となります。

  • 特徴2

    平成31年3月29日(金)までの贈与が対象となります。 贈与契約後、2ヶ月以内にお預入いただく必要があります。

  • 特徴3

    教育資金に充当したことを証明する領収書等の提出が必要です。 非課税措置を受けるためには、教育資金に充当したことを証明する領収書等を金融機関に提出する必要がございます。
    ※期限までに領収書等の提出がない場合は贈与税の課税対象となります。

教育資金専用口座とは

平成25年度の税制改正における新たな制度として「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」が創設されました。「教育資金専用口座」は本制度に対応する預金口座です。

現行制度においても、扶養義務者から被扶養者への「学資や教材費、文具費などであって、通常と認められる」範囲内で都度贈与を行う場合は非課税とされています。※
※相続税法第21条の3第1項第2号、相続税基本通達21の3-4~6

教育資金の内容と上限金額

贈与税が非課税となる教育資金の範囲は以下の通りとなります。
※教育資金の範囲につきましては文部科学省のホームページに掲載されていますのでご確認ください。
 

  • 教育資金の内容と上限金額

こんな方におすすめです

  • 学生のお孫さまがいる祖父母さま お孫さまが30歳になるまでの教育資金が対象となります。塾や習い事等にもご利用いただけます(学校等以外の場合500万円が上限となります)。

  • 使いみちを決めて贈与したい方 制度を利用するためには、教育資金の支払いに充当のうえ領収書等を窓口にご提出いただきますので、使いみちがわかって安心です。

他商品との比較

比較のポイント

教育資金の一括贈与で大切な人の未来を応援できます。

商品名 特徴
総合口座 通帳を上手に活用!!5つの機能をまとめた暮らしに役立つ通帳です。
積立型定期預金 koinoki(こいのき) 急に決まった旅行や、絶対ほしい服だって、積立があればとっても安心!1回あたり1,000円から積立できる通帳です。
定期預金 安心・確実。資産運用の手始めに。

よくあるご質問

お申込み・ご相談

  • お近くの店舗でお申込み・ご相談承ります

  • 店舗検索