「女性活躍推進法」への対応

株式会社 筑邦銀行  行動計画

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

 平成28年4月1日 ~ 平成33年3月31日

2.当行の課題

 課題1:管理職(部下を持つ行員)に占める女性割合が低い。
 課題2:管理職を目指す女性が少ない。
 課題3:総合職採用において男女別競争倍率に差がある。

3.目標

 管理職(部下を持つ行員:支店長代理級以上)に占める女性割合を15%以上にする。

4.取組内容と実施時期

 取組1:女性行員を対象として管理職育成を目的としたキャリア研修を実施する。

実施時期 取組内容
平成28年 4 月 ~ 研修プログラムの検討
平成28年 6 月 ~ 女性行員に対する研修ニーズの把握のための、アンケート、ヒアリングなどを実施
平成28年 8 月 ~ アンケート等の結果を踏まえ、研修プログラムを決定。
平成29年 7 月 ~ 管理職育成キャリア研修の実施(9月、11月、翌年2月開催)

 取組2:ダイバーシティ推進のメイン項目に女性活躍推進を掲げ必要性を周知する。

実施時期 取組内容
平成28年 6 月 ~ ダイバーシティレポートなどの作成を企画する。
平成28年 10 月 ~ ダイバーシティレポートによる女性活躍に関する情報を発信する。
平成28年 11 月 ~ ダイバーシティ推進者の設置を検討する。
平成29年 3 月 ~ 推進者による女性管理職候補者に対する育成プログラムの作成。

 取組3:女性総合職の採用比率向上とキャリア維持を支援する。

実施時期 取組内容
平成28年 4 月 ~ 地方銀行で共同作成するロールモデルブックやキャリアデザインブックを活用し研修を行ないキャリアの向上を図る。
平成28年 6 月 ~ 採用面接官に女性行員を加える。
平成28年 7 月 ~ ジョブリターン制度(仮称)を検討し積上げたキャリアの活用を検討する。
平成29年 4 月 ~ ジョブリターン制度(仮称)を導入しキャリアの維持を図る。