投資信託 商品ラインナップ

各ファンドの詳細については、必ず目論見書でご確認ください。

  • 国内債券型
  • 国内外債券型
  • 海外債券型
  • 国内株式型
  • 海外株式型
  • 不動産投資信託型
  • バランス型
  • つみたてNISA

国内外の株式・債券等に分散して投資を行うファンドです。ひとつのファンドで資産分散効果が期待できます。

ファンド名 運用会社 特色
トレンド・アロケーション・オープン
トレンド・アロケーション・オープン
三菱UFJ国際投信 世界各国の株式・債券・リート等の幅広い資産へ実質的に投資し、安定的な資産成長のために、市場環境に応じて機動的な資産配分を行います。為替変動リスクの低減をはかるため、外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジを行います。

外部リンク

のむラップ・ファンド(保守型)
のむラップ・ファンド(保守型)
野村アセットマネジメント別サイトへ移動します 国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、世界各国(日本を含む)の不動産投資信託証券(REIT)を実質的な主要投資対象とします。保守型は安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を図ることを目的として運用を行ないます。

外部リンク

のむラップ・ファンド(普通型)
のむラップ・ファンド(普通型)
野村アセットマネジメント別サイトへ移動します 国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、世界各国(日本を含む)の不動産投資信託証券(REIT)を実質的な主要投資対象とします。普通型は信託財産の成長と安定した収益の確保を図ることを目的として運用を行ないます。

外部リンク

のむラップ・ファンド(積極型)
のむラップ・ファンド(積極型)
野村アセットマネジメント別サイトへ移動します 国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、世界各国(日本を含む)の不動産投資信託証券(REIT)を実質的な主要投資対象とします。積極型は信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行ないます。

外部リンク

グローバル・アロケーション・オープンBコース(年4回決算・為替ヘッジなし)
グローバル・アロケーション・オープンBコース(年4回決算・為替ヘッジなし)
アセットマネジメントOne 投資信託証券への投資を通じて、世界各国の株式や債券などさまざまな資産への分散投資で得られる収益の獲得を目指します。
外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。

外部リンク

グローバル・アロケーション・オープンDコース(年4回決算・限定為替ヘッジ)
グローバル・アロケーション・オープンDコース(年4回決算・限定為替ヘッジ)
アセットマネジメントOne 投資信託証券への投資を通じて、世界各国の株式や債券などさまざまな資産への分散投資で得られる収益の獲得を目指します。
米ドルと円の為替変動リスクを軽減するため、外貨建て資産については、原則として米ドル売り/円買いの為替取引を行います。

外部リンク

米国バランスファンド(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)
米国バランスファンド(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)
アセットマネジメントOne 米国の公社債、株式および不動産投資信託証券(REIT)に分散投資を行います。

外部リンク

世界経済インデックスファンド
三井住友トラスト・アセットマネジメント 先進国および新興国の債券および株式に投資を行います。基本組入比率は地域別のGDPを参考とし、世界経済の発展を享受します。

外部リンク

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)
日興アセットマネジメント 日本を含む世界各国の株式、不動産投信(REIT)および債券などに分散投資し、インカム収益の獲得と信託財産の成長を目指して運用します。世界の株式やREITに加えて、株価指数先物および国債先物取引などを活用することで、信託財産の純資産総額の3倍相当額の投資を行います。

外部リンク

グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型)
日興アセットマネジメント 日本を含む世界各国の株式、不動産投信(REIT)および債券などに分散投資し、インカム収益の獲得と信託財産の成長を目指して運用します。世界の株式やREITに加えて、株価指数先物および国債先物取引などを活用することで、信託財産の純資産総額の3倍相当額の投資を行います。

外部リンク

投資信託についてのご留意事項

  • 注目投資信託をご購入の際は、次の点にご注意ください

    投資信託のリスクについて

    ●投資信託は値動きのある有価証券などで運用しますので、市場環境などにより基準価額が下落し、損失が生じるおそれがあります。外貨建て資産に投資するものは、この他に外国為替相場の変動により基準価額が下落し、損失が生じるおそれがあります。主な投資対象としては国内および海外の公社債・株式・リートなどで、金利変動による組入公社債の価格下落や組入れた株式・リートの価格下落、またそれらの発行者の信用状況の悪化などの影響により、ファンドの基準価額が下落し損失が生じるおそれがあります。
    ●投資信託は、ご購入時、保有期間中、換金時に各種手数料がかかります。<例:お申込手数料(お申込代金の最大3.30%[税込])+運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対し最大年率2.420%[税込])+信託財産留保額(換金時の基準価額の最大0.50%)>また、その他の費用として、信託事務に係る諸費用、監査費用、有価証券の売買委託手数料などをご負担いただきます。詳細は各商品「契約締結前交付書面」(最新の交付目論見書および目論見書補完書面)でご確認ください。
    ※これらの手数料・費用などの合計額については、申込金額や保有期間などに応じて異なりますので、表示することができません。
    ●投資信託のご検討に際しては、必ず「契約締結前交付書面」により商品内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。「契約締結前交付書面」は当行の本支店にご用意しています。
    ●投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。また、当行で取扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
    ●投資信託は元本保証および利回り保証のいずれもありません。
    ●投資信託は、金融商品取引法第37条の6の規定に基づく、書面による契約の解除(クーリングオフ)の適用はありません。


    ご購入代金のお取り扱いについて
    ●営業担当者が当行店舗外で投資信託のご契約を承る場合、投資信託ご購入代金は預金口座からの振替にてお取扱いさせていただきます。従いまして、現金をお預かりする場合は、一旦普通預金等口座にご入金いただき、口座からの振替にて投資信託ご購入代金へ充当させていただきます。
    なお、営業担当者が当行店舗外で現金や預金通帳等をお預かりする場合、必ず当行所定の「受取書」を発行いたします。決して名刺による代用や私製の預かり証でのお預かりはいたしません。また、後日、当行本部から投資信託残高のご案内をお客さまに直接ご郵送いたします。
    ●当行では、コンプライアンス体制や業務管理に万全を期しておりますが、お客さまにおかれましては、お取引にご不審な点がございましたら、本店お客さまサービス室又はご郵送した書類に記載の担当部署宛、ご連絡をお願いいたします。

    株式会社 筑邦銀行 お客さまサービス室

    TEL 0942-32-5343 受付時間:平日9:00~17:00

お申込み・ご相談

  • お近くの店舗でお申込み・ご相談承ります

  • 店舗検索