団体信用生命保険について

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、筑邦銀行を保険金受取人、住宅ローンのご利用者を被保険者とする保険であり、住宅ローンのご利用者すべての方にご加入いただきます。

住宅ローンのご利用者がご返済期間中に死亡または高度障害状態に該当した場合や、所定のお支払事由(保証内容)に該当された場合に、保険会社から保険金が筑邦銀行に支払われ、その保険金を持って住宅ローンの返済に充当することを目的とする団体保険です。

取扱保険会社 全国地方銀行協会
(主幹事・明治安田生命保険)
フコク生命保険相互会社
保険年齢 借入時年齢65歳未満、
完済時年齢82歳未満
借入時年齢65歳未満、
完済時年齢80歳未満
保障の範囲(※1) 死亡・高度障害 死亡・高度障害

三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)保障付住宅ローンの場合、お借入金利に年0.3%が上乗せされます。(平成26年10月1日現在)

(※1)詳しい保障内容や保険金・給付金による返済ができない場合など、お客さまの不利益となる事項の説明については、「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」および「注意喚起情報」を必ずお読み下さい。

ご参考

被保険者の死亡のとき
  • 被保険者が1年以内に自殺した場合は、保険金が支払われません。
  • 被保険者が2年以内に死亡した場合は、保険会社の調査などにより保険金の支払いが行われない可能性があります。(告知書の不実記載など)
  • 保障開始日から2年を超えたとしても詐欺による取消しを理由として保険金をお支払いできないことがあります。
被保険者が高度障害になった場合

障害の度合いにより保険の支払いが行われないことがあります。

保険金のご請求について

被保険者が死亡されたり、または高度障害となられた場合(三大疾病保障付住宅ローンの場合は「三大疾病と診断された場合」を含みます)は、早期に取扱店へご連絡ください。ご連絡が遅れた場合は、一部の利息の支払いが行われないことがあります。

連帯債務のときの被保険者

主たる債務者のみとなります。
※取扱保険会社によって異なりますので、詳しくは窓口までお尋ね下さい。

がん保障・三大疾病保障付住宅ローンでご利用いただく保険は、明治安田生命保険(主幹事)フコク生命保険相互会社の引受けとなりますので、保険内容の詳細やご不明点については、お申込み時にお渡しする「被保険者のしおり」に記載のお問い合わせ先へご連絡のうえ、ご確認ください。

お申込み・ご相談

  • 店舗でお申込み・ご相談

    お近くの店舗で承ります

    店舗検索

  • 相談コーナーのご案内

    休日もローンのご相談を承ります

    住宅ローンプラザ